PC利用状況調査サービスで、退職者・従業員・外部犯の証拠を発見

ネットエージェント

PC利用状況調査サービス

すべてを見通す情報漏えい調査

PC利用状況調査サービスとは

近年キャリアアップのための競合他社への転職、雇用状況悪化による退職や非正規職員の採用などを背景として、中途採用者は次の職場ですぐにでも能力を発揮する必要に迫られ、以前の職場から機密情報などを含む業務ファイルを不正に持ち出し、使用するケースが増加しています。

また、不正競争防止法の改正により、不正取得した営業秘密を利用した従業員の所属する企業(法人)に対しても処罰対象が拡大されたため、企業は今まで以上に従業員の利用するデータおよびPCの利用状況について、厳格に管理することが求められています。

PC利用状況調査サービスでは、インシデントの兆候が疑われた段階で、調査対象となるPCをいち早く調査することで、不正利用、コンプライアンス違反を発見するための調査サービスです。

調査事例

  • 従業員が持ち帰った業務情報の痕跡調査
  • 転職・退職した従業員が使用していたPCの使用状況の調査
  • 他社の機密情報・顧客情報を持ち込んだ痕跡の調査
  • 企業ポリシー、コンプライアンスに違反するPCの利用状況の調査

調査内容と項目

PC利用状況調査サービスでは、以下の基本調査項目について調査を実施します。調査結果は一覧形式でご提出させていただきます。なお、各調査結果の見方についてご説明を行います。

オプション調査項目については、お客様のご希望に応じて選択ください。(別途費用)

※さらに詳細な調査が必要にる場合は、フォレンジック調査サービスをご利用ください。

サービスの流れ

  1. STEP1

    インシデントの兆候

    お客様からネットエージェントへの連絡

  2. STEP2

    訪問・説明

    調査営業担当による調査サービスの訪問・説明
    ・インシデントが疑われる内容のヒアリング
    ・調査に必要な項目のヒアリング
    調査事前確認項目の記入(お客様)
    調査実施約款の確認

  3. STEP3

    打ち合わせ

    お客様と調査営業担当による打ち合わせ
    ・NDA(秘密保持契約書)締結
    ・インシデントが疑われる詳細な内容のヒアリング
    調査依頼書の記入(お客様)
    ・調査に関する注意事項等の確認
    ・技術的な事項に関する内容(調査項目、対象範囲など)の確認
    ・打ち合わせた内容による調査費用の見積り内容の確認

  4. STEP4

    調査開始

    打ち合わせの結果、決定した調査項目、調査範囲に基づき調査を開始
    ・基本調査項目の調査
    ・オプション調査項目の調査(お客様が選択された場合)

  5. STEP5

    調査終了

    結果一覧のご提出・ご説明

お問合せ・ご相談はお気軽に